気になる!SHRは今までの脱毛とどう違う?

脱毛方法を考える女性

SHR脱毛は、登場してまだ日が浅い脱毛方式。
仕組みや別の脱毛方式との違いが良く分からない…という方も多いものです。
ここではSHR脱毛と今までの脱毛方式との違いをまとめました。
メリット・デメリットなどもまとめているので、SHRがどのような脱毛法なのか知っておきましょう。

・光脱毛の種類は4つある
エステサロンで使われる脱毛の種類は、SHR を含めて4種類あります。チェックしてみましょう。
IPL…インテンスパルスライトの略で、多くのサロンが用いる主流の脱毛方式です。
チクッとした痛みや、施術後1週間後にぽろぽろと毛が抜けていくのが特徴です。

SSC…スムーススキンコントロール
IPLと仕組みはほぼ同じですが、毛そのものに熱を与えるIPLと異なり、施術前に塗るジェルの抑毛作用を高めるために照射します。
痛みが少ないのが特徴です。

HS…ハイパースキンと呼ばれる脱毛法です。
痛みがなく、お子様でも脱毛可能。肌に優しい脱毛法で、効果の出方は比較的穏やかです。

SHR…スーパーヘアーリムーバルと呼ばれる脱毛。
毛を生やす指令を出している「バルジ領域」に向けて、少し温かいと感じる程度の熱を当てていきます。
毛周期に関係なく照射できることから、IPL・SSC・HSの約3分の1のスピードで脱毛が完了できます。

【SHRのメリット】
SHRを受けるメリットは、まず脱毛完了までにかかる期間が最短半年と短いことです。
今までの脱毛法だと、新しい毛が生えてくる周期(2,3ヶ月に1回)に合わせて脱毛をしなければならず、2年はかかってしまいました。
SHRなら毛周期に関係なく照射できるので、3週間~1ヶ月に1回の短いサイクルで通えます。

さらに、どんな毛質・肌質にも対応できるのもSHRの大きな利点です。
今までの脱毛法では毛の持つメラニンに反応して照射していたので、色黒さんや日焼け肌には光が強く反応する恐れがありました。
しかしSHRの場合はメラニンに関係なく、すべての毛に反応してまんべんなく照射できるので、どんな肌質でも対応可能に!
またうぶ毛や金髪などメラニンを持たない毛にも反応してくれるので、特にうぶ毛の多い顔の脱毛では最大の効果を発揮できますよ。

【SHRのデメリット】
SHRのデメリットは、脱毛効果が分かりにくい点。
IPLやSSCと異なり、毛に直接ダメージを与える訳ではないので、毛がポロポロと抜け落ちることがありません。
日を置いて、「なんとなく薄くなってきた」と感じる程度なので、目に見えてわかる脱毛効果に慣れた方だと、本当に効いているかどうか不安に思うかもしれませんね。